HOME>記事一覧>土木工事で出る土砂や埋め立てに使う土の取り扱い業務を自前で実行

目次

土の取り扱い業務における注意点

土木工事をする際には出てくる大量の土砂の処理、そして埋め立てて敷き詰める土の用意など、土に関する作業がたくさんあります。それらは外部の専門業者に委託することも多いのですが、土質改良機を所有していればある程度自前で行うことができるのです。しかし、あまりにも大掛かりな土質改良、微生物を用いた固化、複数の土を混ぜ合わせるなどは外部の専門業者に任せるべきでしょう。自社で行うのはふるいにかけて石や不純物を取り除く、取り寄せた土同士を簡単に混ぜるなどのわかりやすい作業だけにするべきです。そういったシンプルな土質改良機は小型であり、持ち運びも保管も、そして点検整備もやりやすいのでお勧めといえます。

土質改良剤の即効性を知る

土質改良機を所有すると様々な業務をすぐに実行できますが、その理由の一つが土質改良剤の存在となっています。単純に土に混ぜ込むだけであっという間に固くなる、あるいはサラサラになるなど、様々な局面に素早い対応ができるようになるのです。

大掛かりなものと小型のもの

土質改良機は備えている機能によって非常に大型になりますが、自走ではない単純な機能だけを備えたものは人の手で動かせるほど軽く小さくなります。いち業者が使用する機械としてはこういった使いやすさが重要となるので、まだ機会を所有していない場合はこういった小型のものを一つ導入することから始めましょう。

広告募集中